パッチリな瞳!二重に憧れる人は手軽に実現できる整形へ踏み込もう

女性

腫れる期間を想定する

ドクター

少しでも綺麗になりたいと願うのは、女性であれば誰でも思うのは自然なことです。美人であれば男性からもモテますし、さまざまな場面で得をするといわれています。また美しいものには、男女問わず自然と興味がわいたり、引き込まれてしまうのが人間の本能ともいえます。美意識は個人差がありますが、ある程度は共通する感覚です。例えば、顔のパーツの中でもとりわけ目の美しさは誰でも感じるところでしょう。目が綺麗な人は、心が清らかな人というイメージも定着しています。目の美醜は、その人の全体的な印象を決めてしまうほどインパクトがあるというのです。そのため、より美しい目になりたいと思う人は多いです。具体的には二重まぶたになることで、美しい目元になれると感じる人が増えています。二重まぶたであれば、目が大きく印象深くなります。より魅力的な目に近づけることが可能になるのです。そこで最近では、二重まぶたにプチ整形で気軽にチェンジする人もたくさんいます。二重整形は日帰りでも行えますし、短い施術時間だとわずか10分から15分程度になります。美容室やネイルサロンに行くよりも気軽に美を高めることができるのです。しかし整形手術には、腫れる期間が付き物になります。あっという間に施術は終わっても、術後はしばらく腫れたりして不自由な思いをするケースも多いです。そのため、事前にどれくらい腫れるリスクがあるのか、期間はどれくらいになるかを予想しておくと安心です。

特に、永続性のある切開法で二重の整形をする場合には注意が必要です。埋没法よりも長い期間腫れるリスクがあります。個人差はありますが数ヶ月間腫れが続く人もいるようです。半年程度経ってからナチュラルになるケースも多いので、先の予定も考えながら手術の検討をする必要があるでしょう。例えば免許やパスポートの更新を控えているときなどは、目が腫れている状態で証明写真を撮影したくないはずです。また、就職予定の人も同様です。個人のスケジュールに合わせて最適な手術の日程を調整することが肝心です。