パッチリな瞳!二重に憧れる人は手軽に実現できる整形へ踏み込もう

女性

腫れることが心配な場合は

看護師

整形手術をすると、術後に現れる変化があります。それは腫れたり赤みが出たりすることです。時間が経過していけば、そうした問題は自然に解消されることがほとんどです。しかし、仕事や学校が休めない場合は、周囲に整形のことがバレたり、心配されたりするでしょう。そうしたことを避けたいために、整形手術に踏み切れないという人は意外と多いものです。しかし、最近では腫れにくい整形手術も登場しています。

腫れにくい整形手術としては、二重の埋没法が挙げられます。メスで切開しないため、身体への負担を最小限にとどめることが可能です。極細の特注の糸を使った埋没法では、さらに腫れる心配が軽減されます。外科手術でも使用されるような特殊な糸になるので、丈夫な素材で安全性も高いといえます。身体へはほとんどダメージがかからないといえるでしょう。極細糸でまぶたをとめていくため、見た目的にもよりナチュラルになることが期待できます。そのため人気が高い方法です。

埋没法の二重手術では、糸をとめる数で料金や強度が変わってきます。1点どめは、最も数が少ないとめ方になるので、費用も最も安価になります。しかし、強度的にはやや心配があるでしょう。個人差もありますが、まぶたのタイプによってはすぐに糸が取れてしまうこともあります。糸のとめる数は、1点から4点あたりが多いですが、通常であれば2点か3点でとめるケースが一般的のようです。しかし、どれくらいの数でとめれば、理想の二重まぶたをキープできるのかは、素人ではわかりにくいものです。そのため、美容外科クリニックでのカウンセリングが重要になります。理想のイメージとする二重まぶたの形や幅などを医師に伝えて、最適な処置方法を提案してもらいましょう。