パッチリな瞳!二重に憧れる人は手軽に実現できる整形へ踏み込もう

二重瞼で目を大きく

腫れることが心配な場合は

仕事や学校の予定を優先しなくてはいけない場合は、整形手術後の腫れなどが気になるものです。しかし最近では二重整形の中でも腫れにくい方法が用いられているため、人気を呼んでいます。

ランキングを確認する

痛みが少なく腫れにくいなど、二重の整形手術に定評のある美容外科クリニックを探しているのであれば、ランキングサイトが便利です。一気に情報を集めることができますし、クリニックの公式サイトにもすぐにアクセス可能です。

腫れる期間を想定する

もっと美しくなりたいと二重整形をする人は多いですが、注意すべき点もあります。それは術後の腫れを想定しておくことです。切開法を選択した場合は、腫れる期間が長引くリスクもあるので、予定を調整してから受けるようにすれば安心です。

メイクの延長上に近い

家族が整形に反対という場合でも、二重のプチ整形ならメイク感覚で行なえるためおすすめです。身体への負担も少なく、永続性もないため、きっと家族も納得してくれるはずです。

悩みを解消できる

埋没法という二重のプチ整形であれば、若い人でも試しやすいです。顔の印象を変えることで、人間関係や自身の性格的にも変化が及びます。仕上がりに納得できなければ、元の目元に戻すこともできる点も魅力です。

埋没法なら簡単にできる

目

一重まぶたや奥二重の人の中には、パッチリとした二重になりたいと思う人もいます。そこで、二重をつくるのりやテープを使って二重に見えるようにメイクをする人も大勢います。慣れてくると綺麗に早く二重をつくることができますが、不器用な人であれば不自然な二重になったり、すぐに取れてしまったり難しいものです。また、毎日メイクで二重をつくるのは手間もかかりますし、肌荒れも気になります。のりやテープを日常的に使っていくことで、肌に負担がかかってしまうのです。そのため、できることなら整形手術をして、二重にしたいと決めるケースも増加しています。整形すれば、メイクの手間からも開放されますし、すっぴんでもいつでも理想の目元になれます。肌荒れの心配もいらなくてとてもメリットが大きいといえるのです。しかも、最近では二重の整形手術は種類が豊富にあり、予算も方法によって異なります。ニーズに合わせて最適な整形手術をチョイスすることができるはずです。

では、二重に整形する手術にはどのような方法がポピュラーになるでしょうか。最近手術を受ける人のなかでも特に人気が高くなっているのが埋没法です。埋没法はプチ整形とも呼ばれるメスを使わない手軽な施術になります。糸でまぶたを留めて二重をつくる施術です。15分程度で終了する簡単なプチ整形になるので、気軽にトライすることが可能です。また、この施術は永続性はないため、万が一仕上がりに納得ができなければ糸をとることもできます。さらに施術の費用も安いため、学生さんでも無理をせずに二重にすることが可能になります。しかしこの埋没法では覚えておきたいポイントもあります。それは、まぶたの脂肪の量によっては、難しいケースがあることです。腫れぼったくまぶたが厚いタイプの人は、脂肪も多くなりあまり効果的ではないこともあります。その点は、事前に医師とのカウンセリングで相談しておきましょう。糸を留める箇所を増やせば対応できることもありますが、その分費用は高くなってくるでしょう。また、先述の通りこのプチ整形は永続性はありません。そのため、ずっと二重でいたい人には向いていない処置になります。こうしたことが気になる人には、二重まぶたにするなら切開法が適しているはずです。パッチリな瞳を演出しましょう。